二重埋没法とは?

埋没法は、メスを使わずに二重まぶたを作る施術です。まぶたの中を心臓外科手術でも使用される超極細の医療用糸で留めることで、手軽に自然な二重を手に入れることができます。
約30分間程度の手術で簡単に自然な二重を作ることができ、やり直しや元に戻すことができるプチ整形です。当院では患者様のご希望を実現するため、患者様と術後の仕上がりを確認し、それを基に適した二重手術や手法をご一緒に相談しながら決定致します。患者様おひとりおひとりの細かいご要望やこだわりを実現致します。

二重まぶたのデザイン・種類について

  
二重まぶたにはいろいろな形がありますが、大きく分けて目頭から目じりにかけて幅の広いラインの平行型と、目じりにかけてラインの幅が広くなる末広型があります。

平行型

目頭から目尻にかけてラインの幅がほぼ同じタイプ。末広型に比べ華やかな印象の二重まぶたです。幅を広くすると目をより大きく見せることができ、メイクの映える目元になります。並行型の二重は埋没法でもつくることができますが、まぶたの状態によって、埋没法と目頭切開法を合わせていったり、切開法を行います。

末広型

目頭から目尻にかけてラインの幅が広くなるタイプ。埋没法、部分切開法でつくることができます。自然な印象の二重まぶたで、ナチュラルメイクがお好みの方におすすめです。

カウンセリングでご希望の二重のタイプをお伺いし、まぶたの状態やお顔全体のバランス等を考慮した上で、あなたにぴったりのアイデザインをご提案いたします。施術に関するご質問にも丁寧にお答えいたしますので、お気軽にご相談ください。

TOKYO ACE CLINICの3つのポイント

  • カウンセリングに時間をかけていくので患者様のこだわりやご希望の二重を実現します。
  • 当院では髪の毛よりも細い極細の針を使用し、最小限に腫れや内出血を抑えて手術を行っていきます。
  • 目の悩みをお持ちの男性もいらっしゃいます。お気軽にご相談くださいませ。
副作用

• 効果の持続期間は永久的なものではありません。加齢とともに上まぶたの皮膚がたるんでくると、二重の幅は徐々に狭くなっていきます。また、上まぶたの皮下脂肪の多い人や皮膚の厚い人、上まぶたを引っ張り上げる筋肉の力の弱い人などはまれに糸が外れることがあります。
• 手術直後は少し腫れるので二重の幅が広めに見えますが、1週間くらいで希望の幅に落ち着きます。また、糸を埋め込んだ部位が多少へこんで見えたり、目を空けたときにつっぱり感などの違和感があったり、目の中が少しゴロゴロしたりすることがありますが、4〜5日で馴染んで落ち着いていきます。
• 注射の後や打撲の後に青あざ(内出血)ができやすい体質の方は、まれに目のまわりに内出血が出ることがありますが、1〜2週間で自然に消えていきます。
• 手術前と手術後の検診時に写真を撮らせていただいております。写真は手術の経過を確認のみに使用し、それ以外の目的には使用いたしません。
• 治療効果や副作用には個人差がございます。

注意事項

治療患部の大きさ、深さ、質などにより除去時間、治療回数は異なります。

  • 【入浴】 当日から可能ですが、長湯をすると腫れや内出血の原因になることがありますので、2〜3日はシャワー程度が無難です。
  • 【メイク・洗顔】 目元を除けばメイク・洗顔共に翌日から可能です。まぶたのメイクは術後3〜4日後から可能ですが、軽いポイントメイク程度にしていただき、1週間は上まぶたをこすったり、つまんだりしないようにご注意ください。
  • 【コンタクトレンズ】 術後1週間後〜装着可能です。様子を見ながら徐々に装着時間を長くしていってください。
  • 【飲酒・運動】

    少量の飲酒と適度な運動であれば翌日から可能です。

  • ※不明点・不安点は、どのようなことでも医師にご相談ください。
※治療患部の大きさ、深さ、質などにより除去時間、治療回数が異なる場合もあります。

二重埋没法料金表

料金表はこちら

TOKYO ACE CLINIC

03-6416-5838

無料のカウンセリング
・ご予約はこちら