アンカーマックスリードファインリフト


口角・たるみを引き上げ、切らずに小顔リフト

アンカーmaxリフトとは?

糸リフト(スレッドリフト)とは、メスを使わずにリフティング効果のある吸収糸を皮膚の下に入れる方法です。切らないので施術直後でも針穴のみなのでほとんど目立たず、数日以内に針穴もわからない位になります。 効果としては、施術直後から引き上げ効果(リフティング効果)があり、その後は徐々に挿入した糸が周囲の組織を活性化させ自分自身のコラーゲンが増生されることによって、およそ施術後1ヶ月後以降からお肌のハリや引き締め効果(タイトニング効果)が出てきます。 リフトアップしながら小顔になりたい方におすすめの方法です。

特徴と効果

・メスで切らずに自然なリフトアップが可能

・肌質改善・美肌効果が高い

・従来の糸より高いリフトアップ効果

・MFDS(韓国食品医薬品安全庁)の認証を取得

引き上げ効果、持続力ともに高いPCL(ポリカプロラクトン)製の糸で、高いリフティング効果を持ちながら引き攣れを起こしにくく、安全性においても非常に優れています。

引き上げ効果

先端のコーンによりさらに強化された固定力とcog(カギ構造)はたるんだ組織をしっかりととらえ、高い引き上げ効果を実現します。

持続力

PCL(ポリカプロラクトン)は一般的なスレッドリフトで使われるPOD(ポリジオキサノン)よりも二倍の太さがあるので、1年~1年半体内に残り、その後徐々に吸収されていきます。

副作用


・引きつり感が出ることがありますが、通常1週間程度で消失します。

・内出血や腫れは通常2〜3日で落ち着きますが、完全回復には1週間程度かかることもあります。

・一部に凹凸が生じることがありますが、こちらは組織を吊り上げたことによるひずみで、2週間から1ヶ月程度で落ち着きます。

・糸の種類によっては糸の挿入部がえくぼ状に強く凹むことがありますが、通常は1週間程度で消失します。

・頬が突っ張って口が開きにくいと感じることがありますが、2週間程度で自然になります。
・麻酔を行う際、注射針によって内出血が起きることがあります。

・予想以上に効果の実感が得られない、または修正効果が弱いことがあります。

注意事項
  • ・術後1〜2日程度は小さい肌色のテープを貼ります。

    ・術後2週間程度は激しい運動をお控えください。

    ・術後2週間程度はインディバ(高周波温熱療法)をお控えください。

    ・術後1ヶ月までは、なるべく大きな口を開けないようにしてください。

アンカーマックスリードファインリフト料金表

料金表はこちら

TOKYO ACE CLINIC

03-6416-5838

無料のカウンセリング
・ご予約はこちら